静岡の仏具選びで後悔しないために

葬儀はやることがあって大変です。仏具選びもその一つです。一般的には葬儀が終わり、四十九日の法要までには、白木で作られた仮のお位牌を、塗位牌や唐木位牌などの本位牌に代えたいものです。また、お仏壇がなかった家ではお仏壇を買う必要がでてきます。お仏壇を買う時期としては、葬儀が終わったときなどがきっかけとなることが多いようですが、何かと立て込む葬儀の時期を避けるために、家の新築や引っ越しのときなど様々な節目の時期に買うこともあります。またお仏壇は、単に安置しておけばいいということではなく、様々なものをお飾りする必要があります。とはいえ、何をそろえればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?亡くなった方、ご先祖様に失礼のないものをお選びしましょう

後悔のないお位牌と三具足の選び方

お仏壇には、お位牌とご本尊はもちろん、そのほかに線香立て、花立て、ろうそく立ての「三具足」などの仏具を用意しておくことが必要となります。お位牌は四十九日までの法要までは、白木で作った仮の位牌を用いるのが一般的ですが、四十九日の法要のときには、黒塗りされた塗位牌、または黒檀や紫檀などの唐木で作った本位牌を作ります。この本位牌の形や大きさには、様々なものがあり、宗派や故人の遺志、遺族のお気持ちにより、個性が出るものでもあります。一方、三具足もお仏壇に最低限用意しておきたいものです。こちらも宗派や風習などにより決まり事があることもありますが、最近では陶器製やガラス製などのデザイン性の高いものが販売されるようになったことで、お仏壇の素材やお部屋の雰囲気に合うものを選ぶ方も増えています。

静岡近郊で後悔のない仏具選びをしたいなら

静岡は葬儀が終わった後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀の前に火葬を行う「前火葬」が混在した地域として知られています。また墓地へ向かう途中で小銭やお米をまく風習である「撒き銭」が行われています。また一部地域では、墓地へ出向く際に白い三角の紙をつけることもあります。そんな独特の風習が残る静岡で後悔しないお仏壇やそのほかのものを選ぶには、一般的な知識を知っておくだけではなく、菩提寺のご住職はもちろん、仏具の専門家である仏壇販売店などの意見を聞くことが重要です。葬儀だけではなく、お仏壇そのほかのものを揃えるという作業はめったにできない、したくない体験ですから、なかなかその中身について知ることができませんので、知識を身につけ、様々な人の意見を聞き、ぜひ後悔のない選び方をするようにしてください。